ダイヤモンド

ダイヤモンド12メインバナー
ダイヤモンド12サブバナー

さまざまなダイヤモンド

ダイヤモンドといえば、無色透明なものを思い浮かべるかたが多いかと思いますが、実は、イエロー、ピンク、ブラウン、パープル、グリーン、ブルーなどの、すべてのスペクトルカラーが揃っています。これらの色付きのダイヤモンドは「ファンシーカラーダイヤモンド」と呼ばれ、希少なものは透明なもの以上の高額がつけられることがあります。

色合いの好みは非常に個人的なものですので、いちがいに価値の高低は決められませんが、「カナリアンイエロー」と呼ばれるうつくしい黄色や、ピンク、ブルー、レッドなどは極めて希少性が高く、たいへんな高額が付けられます。

天然のカラーダイヤモンドは淡い色合いが一般的ですが、ジュエリーショップでは、濃いブルーのダイヤモンドも並んでいます。これは天然のダイヤモンドに放射線処理を施し、人工的に着色したものです。「人工着色」といっても、表面に塗料を塗ったものではなく、ダイヤモンドの成分に科学変化を起こして色を変えたものですので、経年や摩擦による退色はありません。天然のブルーダイヤモンドに比べると、非常に安く手に入れることができます。

最近は新聞やインターネットの広告で、「人工ダイヤ」という言葉を見かけることが多くなりましたが、その大半は、「キュービックジルコニア」と呼ばれる合成の宝石です。キュービックジルコニアもたいへんにうつくしいものですが、やはり天然のダイヤモンドと並べてみると、輝きの質に違いがあります。硬度もまったく違いますので、同じように扱うと、容易に傷ついてしまいます。

ダイヤモンド12メインバナー
  • ダイヤモンドの基礎知識
  • さまざまなダイヤモンド
  • あなたが欲しいダイヤモンド
  • 4C
  • カラット
  • カラー
  • クラリティ
  • カット
  • 上手なお店の選び方
  • ダイヤモンド選びは「生き方」
  • ダイヤモンドに込めた思い
  • ダイヤモンドのお手入れ方法

Copyright(c) All rights reserved.