ダイヤモンド

ダイヤモンド12メインバナー
ダイヤモンド12サブバナー

ダイヤモンドに込めた想い

ダイヤモンドは、ローマでは太陽神アポロンの守護石とされ、愛を司る心臓に繋がっているといわれる左手の薬指にはめると、永遠不変の愛を守ると言い伝えられてきました。これが、こんにちの婚約指輪のはじまりです。以来、ダイヤモンドは数え切れないほどたくさんの恋人たちの「誓い」を聞き、その愛の行方を静かに見守ってきました。

最近では、婚約指輪以外にも、十年ごとに、ダイヤモンドの指輪を贈り、愛を確かめ合うという、すてきな習慣を持つご夫婦も増えてきました。ダイヤモンドの数だけ、二人の愛の歴史が刻まれるのです。

また、ダイヤモンドは予言の力があるともいわれています。持ち主に異変の予兆を知らせた、という不思議な伝説は、
古今東西、枚挙にいとまがありません。たいせつな人の旅立ちを見守って欲しい、という願いを込めて、涙とともにダイヤモンドを贈る人もいます。

世界には、うつくしいもの、すてきなものは数多くありますが、その中でも「ダイヤモンドを贈る」という行為には、格別な意味が込められています。それは単純に「高価だから」ということではありません。「永遠の愛」の誓いを立てることになるからです。

特別な記念として手にしたダイヤモンドを、ゆくゆくは娘に譲りたい、と考えているかたも多くいらっしゃることでしょう。愛情を込めて贈られたダイヤモンドは、格別なきらめきを宿しています。代々受け継がれるべき、すばらしいダイヤモンドとの出会いを、どうか心から楽しみ、喜んでいただきたいと願っています。

ダイヤモンド12メインバナー
  • ダイヤモンドの基礎知識
  • さまざまなダイヤモンド
  • あなたが欲しいダイヤモンド
  • 4C
  • カラット
  • カラー
  • クラリティ
  • カット
  • 上手なお店の選び方
  • ダイヤモンド選びは「生き方」
  • ダイヤモンドに込めた思い
  • ダイヤモンドのお手入れ方法

Copyright(c) All rights reserved.