ダイヤモンド

ダイヤモンド12メインバナー
ダイヤモンド12サブバナー

ダイヤモンドの基礎知識

地球上の天然物質の中で、最大の硬度を誇るダイヤモンド。
鉱物の硬度をあらわす「モース硬度」では最大の10を示します。

その高潔できらびやかな輝きは、「王者の象徴」とされ、世界中の征服者たちを魅了しつづけました。

「ダイヤモンド」という名前は、ギリシア語で「征服されざるもの」「懐かないもの」を意味する、「アダマス」に由来しています。日本名は「金剛石(こんごうせき)」といい、仏経典の「金剛不壊(こんごうふえ)」に由来します。「金属のように硬く、壊れにくい」という意味です。

ダイヤモンドは結晶構造を持つ、炭素の一種です。結晶には非常に高い圧力が必要なため、マントル内で形成され、地殻の変動や火山活動などで地上付近にせり上がってきたものが発掘されます。ひとつのダイヤモンドが形成されるには、数百万年から数千万年もの時間が必要だと考えられています。

ダイヤモンドを含む岩石は、主に「キンバーライト」と呼ばれる火成岩の一種ですが、その含有率は極めて低く、数千万分の一程度だといわれています。その中でも、宝石級のものは2%にも満たないほど希少なものです。

キンバーライトは5億4200万年前以前の世界的な造山運動によって生成された岩石です。このため、ダイヤモンドの鉱床は極めて限られた、大陸奥地の古い地質が保たれている場所にしか存在しません。

ダイヤモンド特有の豪奢な輝きが生まれるのは、非常に高い屈折率をもっているためです。外から入った光は、結晶の内部ですべて反射し、きらびやかな輝きとなって放たれます。

この輝きには、三つの種類があります。ひとつは「シンチレーション」と呼ばれるもので、表面反射によるチカチカとしたきらめきです。プリズム効果による虹色に輝きは「ディスパーション」と呼ばれています。また、内部に通った光の全反射から生まれる、純白の強い輝きは、「ブリリアンシー」といいます。

この三種類の輝きが合わさりあうことによって、重層的なきらめきが生まれるのです。

ダイヤモンドの飛びぬけた硬さはよく知られていますが、これは「ひっかいたときの傷つきにくさ」をあらわすもので、欠けにくさ、割れにくさを示したものではありません。こうした物質の粘り強さをあらわすには、「靭性(じんせい)」という言葉が使われます。

意外なことに、ダイヤモンドの靭性はクリスタルと同じ程度で、鉱物としてはさほど高いほうではありません。瞬時に与えられる大きな衝撃には弱く、ハンマーなどで叩くと、粉々に砕け散ってしまうことがあります。

ダイヤモンド12メインバナー
  • ダイヤモンドの基礎知識
  • さまざまなダイヤモンド
  • あなたが欲しいダイヤモンド
  • 4C
  • カラット
  • カラー
  • クラリティ
  • カット
  • 上手なお店の選び方
  • ダイヤモンド選びは「生き方」
  • ダイヤモンドに込めた思い
  • ダイヤモンドのお手入れ方法

Copyright(c) All rights reserved.